HOME

新着情報

私の抱負 三邉教授

医局の紹介

診療案内

リンク集





金沢大学附属病院 精神科 診療案内

診療のご案内

外来の診療にはご予約が必要です。




金沢大学附属病院神経科精神科は次のような診療体制をとっています。





診察室
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
初診
午前
1
戸田三邉橋本小山三邉
2
中谷中谷中谷中谷中谷


診察室
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
再診
午前
3
深井坪本坪本
4
小野
三邉小野
5
廣澤
深井廣澤戸田
6


長澤橋本長澤
8

小野※1



※1
【対象となる患者様】
年齢:18歳以下、病気:自閉症、注意欠如・多動性障害(AD/HD)、学習障害などの「発達障害」以外の病気が疑われるもの


2016年4月より





ご注意!
異動や出張、休暇などにともない外来担当者の変更もありますのでご了承ください。

初めて当科を受診される初診の患者さまへ

1.診療予約を取得していただきます。予約センターにご連絡ください。
2.予約時間は診療開始の目安時刻です。予約時刻前に来院の上、受付をお済ませください。
3.第1あるいは第2診察室の担当医が診察しますが、その前に別室で受診の経緯などを簡単にお聴きいたします。
4.当院は医学部学生の教育実習の場でもあります。学生の問診・見学があるかもしれませんが、ご了承ください。

再診の患者さまへ

1.予約時刻前に来院の上、受付を済ませてください。予約時刻は診療開始の目安時刻です。実際はかなり待っていただかなければならないことがあります。
2.第3から第6診察室の担当医が診察します。
3.診察のときに、次回の診療予約をしてお帰りください。

※予約センター:076(265)2933※

  ○予約センターでお取り扱いできること
   ・初診予約の受付(当日除く)
   
  ○受付時間について
    来院によるお申し込み:午前8時30分〜午後3時
    お電話によるお申し込み:午前9時〜午後3時
    (土、日、祝祭日、年末年始、休診日を除く)

その他、当院の受診全体に関する事柄については下をクリックしてください。


金沢大学附属病院のホームページ





専門外来について





月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午後
小野※1
(児童青年期)
中谷
(児童青年期)
(北病棟2階)



※1
【対象となる患者様】
年齢:18歳以下、病気:自閉症、注意欠如・多動性障害(AD/HD)、学習障害などの「発達障害」以外の病気が疑われるもの





いくつかの病気については専門外来を設けて、午後より専門の担当医が予約制で診察していますが、はじめから専門外来で診察を受けることはできません。午前中の受診の際に医師にご相談ください。





児童思春期外来について

 初診については、その後の治療方針に関わる大切な第一歩ですので、なるべく時間をかけます。たとえそのときに診断がつかなくても、現状で考えられる病気の可能性とその理由について、説明させていただきます。病気についての考えや診たて(診断)をお話しすることは、病気の理解やその後の治療へ参加していただくための大切な心理教育の一環と考えています。特に思春期の方の場合、成人に比べ、成育歴がとても大切なので、生まれたときのこと、その後の言葉の発達や、周囲の人との関わり、あるいは学校や家庭での様子を詳しく聞かせていただきます。精神科における診断は、採血や画像では今のところ難しく、症状の経過や、精神の症状の変化を、精神科の言葉に置き換えていく作業であり、どうしても曖昧さを残します。その曖昧さを少しでも確実にするため、詳しくお話しを聞き、時に心理検査を行います。一方で精神科の診断については他の内科や小児科のような客観性も必要になると考えるため、採血や画像評価といった新しい診断法につなげる研究にも従事しています。
 治療については病気の程度や種類によって違いますが、薬物療法だけでなく、生活での工夫、環境の調整、ときに休息に関する指導、あるいは心理士を介した専門治療を紹介することもあります。薬については、漫然とした処方を避け処方する側の責任として効果が実感していただけるように、病態に合わせた処方を心がけています。
 特に不登校の方も多いので、最近は自律神経モニターを身体に貼って、1〜2日経過を観察するようなこともしています。通常は家で寝て十分な休息がとれていれば、副交感神経系の働きが回復しますが、中には十分回復していない方もあり、睡眠習慣など生活全般のアドバイスもするようにしています。通院については病状の説明や生活指導だけですむケースの方もあれば、経過の中で診断が確定していくような難しいケースの方、あるいは、家族にも同様の精神疾患の方がおり、しばらく投薬の必要な方もおられます。最近はネットやテレビをはじめたくさんの情報にあふれ、かえって混乱してしまいがちです。精神科の受診に抵抗を感じられるかもしれませんが、まずはお話しをお聞かせください。




昨年2016年の児童思春期外来統計 (グラフ1、2参)

 36名の来院があり、平均年齢は14.3歳、男女比は男性14人、女性22人で、月別では新学期の始まる4−6月に多く、さらに2学期の始まる9月にも小さなピークを認めます。
 なお外来から入院につながる方は、3名でした。





グラフ1





グラフ2





Copyright(C)Kanazawa University. All Right Reserved. 〒920-8640 金沢市宝町13-1