HOME

新着情報

私の抱負 三邉教授

医局の紹介

診療案内

リンク集







日本精神神経学会 新専門医制度研修プログラム 専攻医募集
金沢大学附属病院連携施設 精神科専門医研修プログラム

*注意事項
医師(専攻医)は当専門研修プログラムへの採用後、研修施設群のいずれかの施設と雇用契約を結ぶこととなります。

本専門研修プログラムは、日本精神神経学会による一次審査を通過したものであり、今後日本専門医機構による二次審査を踏まえて修正・変更があることを予めご承知おきください。

・基幹施設都道府県名: 石川県
・基幹施設名称:金沢大学附属病院神経科精神科
・プログラム名:金沢大学附属病院連携施設 精神科専門医研修プログラム
・プログラム内容の概要と連携施設名:

本プログラムは21の施設群から成る。基本的に1年目は基幹病院で、2,3年目は連携施設をローテートし、専攻医は最大年10名を予定している。基幹施設は金沢大学附属病院(指導医9名)であり、主要な精神疾患を経験し、面接法、診断と治療計画、精神療法、薬物療法の基本を学ぶ。さらに、思春期症例、身体合併症、コンサルテーション・リエゾン、難治性精神疾患治療(m-ECT,クロザピン)等、幅広い臨床経験が可能である。また、研究・学会発表についても指導を受ける他、大学院向けコースも担当する。連携施設については専門性を中心に述べる。高松病院(指導医6名)と松原病院(指導医8名)は、精神科救急、薬物依存病棟、認知症病棟を持ち精神科救急・老年精神医学・依存治療の各コースを担当する。国立病院機構北陸病院(指導医2名)は、認知症疾患治療センター、触法精神障害者指定入院機関であり老年精神医学・司法精神医学コースの一翼を担う。総合病院コースの金沢医療センター(指導医2名)、松任石川中央病院(指導医2名)、市立砺波総合病院(指導医1名)、高岡市民病院(指導医2名)では、身体合併症、コンサルテーション・リエゾン、精神科救急や難治性精神疾患治療(m-ECT)等を学ぶことが可能である。南加賀医療圏の単科精神病院加賀こころの病院(指導医2名)は精神科急性期治療病棟、認知症治療病棟を持ち、応急入院指定病院かつ医療観察法指定通院医療機関でもある。同地区の粟津神経サナトリウム(指導医2名)も認知症治療病棟を持ち訪問看護ステーションと連携した在宅医療に力を入れており両施設は地域連携と共に老年精神医学・社会復帰習得コースで重要な役割を担う。

石川中央医療圏の青和病院(指導医1名)、桜ケ丘病院(指導医1名)、十全病院(指導医2名)、ときわ病院(指導医2名)、結城病院(指導医1名)、岡部病院(指導医5名)は、精神科急性期治療およびリハビリテーションに力を入れている。また富山県西部の矢後病院(指導医2名)では長期入院者の社会復帰に、川田病院(指導医1名)では共同住居、共同作業所、就労支援施設と連携して共生に力を入れている。これらの民間病院は主に精神科救急・社会復帰習得・老年精神医学コースを担当する。小松市民病院(指導医1名)、能登総合病院では総合病院でありながらデイケアを有しており精神科リハビリテーション、地域医療、過疎地医療についても学ぶことが出来る。

・プログラム冊子:
金沢大学附属病院連携施設 精神科専門医研修プログラム冊子
・研修年限:3年間の予定
・募集人数:10人
・応募資格:平成29年度初期研修終了見込みもしくは既に初期研修修了者
・選考方法 :履歴書記載内容と面接
・施設見学について:随時行っておりますので御連絡下さい。
・応募先:精神科専門医研修プログラム冊子を参照下さい。
・問合せ先:長澤 達也 住所:〒920- 8640 金沢市宝町13−1 A棟3階
電話番号:076-265-2307  FAX:076-234-4254
E-mail:nagasawa-psy(at)umin.ac.jp
送信の際は(at)を@に変えてください。

Copyright(C)Kanazawa University. All Right Reserved. 〒920-8641 金沢市宝町13-1